私たちは「質」、「スピード」、そして何よりも「信頼」を大切にし、新薬開発のお手伝いをしています。

研究業績

  • HOME »
  • 研究業績

【抗凝固薬】
Naomi Yamahira, Charles Frost, Hiroyuki Fukase, Zhigang Yu, Jessie Wang, Janice Pursley, Frank LaCreta, Masaki Hiraoka
Safety, tolerability, pharmacokinetics, and pharmacodynamics of multiple doses of apixaban in healthy Japanese male subjects.
International Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics, 2014; 52(7): 564-573.

【オピオイド】
嶋田顕、深瀬広幸、渋谷真理子、木村幸男、斎藤武文、藤原慶一、吉野裕司、安藤真弘、斎藤泰雄、代田廣志、藤井正人、大泉聡史、山口高史、菅原俊一、中津裕臣、村上眞也、野池輝匡、吉森浩三、斉藤史郎、山本彰彦、森田順、小林国彦
フェンタニル3日用テープ「明治」の日本人における貼付力並びに皮膚刺激性
ジェネリック研究, 2014; 8(2): 76-80

Hiroyuki Fukase, Koichiro Fukuzaki, Takeshi Koja, Ryoichi Nagata, Scott E. Lukas
Effects of morphine, naloxone, buprenorphine, butorphanol, haloperidol and imipramine on morphine withdrawal signs in cynomolgus monkeys.
Psychopharmacology, 1994; 116(4): 396-400

【局所麻酔薬】
鈴木 太, 深瀬 広幸, 加藤 淳
長時間作用性局所麻酔薬塩酸レボブピバカイン(MR8A2)の薬物動態試験
-健康成人及び高齢者における単回静脈内投与-
麻酔と蘇生, 2008; 44(Supplement): 91-102

鈴木 太, 深瀬 広幸, 加藤 淳
長時間作用性局所麻酔薬塩酸レボブピバカイン(MR8A2)の第Ⅰ相臨床試験
-皮内丘疹試験及び尺骨神経ブロック試験-
麻酔と蘇生, 2008; 44(Supplement): 81-90

【ワクチン】
Hiroyuki Fukase, Hidetoshi Furuie, Yuji Yasuda, Ryoya Komatsu, Kenji Matsushita, Taketsugu Minami, Yutaka Suehiro, Hiroshi Yotsuyanagi, Haruko Kusadokoro, Hiroshi Sawata, Noriko Nakura, Maria Lattanzi
Assessment of the immunogenicity and safety of varying doses of an MF59®-adjuvanted cell culture-derived A/H1N1 pandemic influenza vaccine in Japanese paediatric, adult and elderly subjects.
Vaccine, 2012; Volume 30, Issue 33(13): 5030-5037

【吸入ステロイド】
深瀬 広幸, 久保田 裕章
ブデソニド/ホルモテロール配合剤の第1相臨床試験–健康成人男性に単回および7日間反復吸入投与した時の安全性, 忍容性, 薬力学的作用および薬物動態の検討.
アレルギー・免疫, 2009; 16(10): 1586-1602

深瀬 広幸
日本人健康成人男子に対するシクレソニドの反復投与試験 -第I相臨床試験-.
薬理と治療, 2006; 34(11): 1201-1208

深瀬 広幸
日本人健康成人男子に対するシクレソニドの単回投与試験 -第I相臨床試験-.
薬理と治療, 2006; 34(11): 1191-1199

【SSRI】
永田 良一, 深瀬 広幸, 井之川 芳之, 成田 裕保
塩酸パロキセチンの第Ⅰ相臨床試験(第5報)-健常高齢者に塩酸パロキセチン20㎎を単回経口投与した時の薬物動態及び安全性に関する検討-.
薬理と治療, 2000; 28(s1): s89-s110

【骨粗鬆症治療薬】
深瀬 広幸, 宮城 文敬, 齊藤 君枝, 伊藤 典子
ボナロン経口ゼリー35mgのボナロン錠35mgに対する生物学的同等性の検討.
新薬と臨牀, 2012; 61(9): 1833-1847

【心臓安全性】
深瀬 広幸, 伊藤 眞紀, 熊谷 雄治, 品川 香, 西岡 絹恵, 中村 浩己, Philip T. Sager
霧島会議の総括および今後の展望 臨床薬理学ワーキンググループ報告;
今後の心臓安全性評価における初期臨床試験の役割とあるべき姿
心電図, 2014; 34(3): 323-325

深瀬 広幸
セッション1 臨床心臓安全性評価について―ICH E14およびその後
統合的心臓安全性評価における動向と課題
心電図, 2014; 34(3): 276-281

Hiroyuki Fukase
5th DIA Cardiac Safety Workshop in Japan
DIA Grobal Forum, 2014; 6(6): 18-19

深瀬 広幸, Boaz Mendzelevski, 安東 賢太郎, 金 哲, 熊谷 雄治, 中村 浩己, 杉山 篤
新薬開発におけるCardiac Safety Paradigmの現状と展望
臨床薬理, 2014; 45(5): 197-199

深瀬 広幸
Moxifloxacin Cardiac Safety Study in Japanese Subjects (日本人被験者におけるモキシフロキサシンの心臓安全性試験 ―日本人被験者と白人被験者との比較試験―).
臨床医薬, 2013; 29(1): 33-43

永田 良一, 深瀬 広幸, 永山 伸一, Gong Qi, 内村 奈央, 松尾 純子, 鬼頭 剛
安全性薬理における催不整脈評価法
HERG電流および心室筋細胞の活動電位に対する各種薬剤の作用.
臨床薬理, 2003; 34(1): 109S-110S

【高脂血症治療薬】
深瀬 広幸, 金田 重人
小腸コレステロールトランスポーター阻害剤エゼチミブの臨床薬理試験 -高脂血症志願者におけるプラセボを対照とした二重盲検比較試験-.
臨床医薬, 2007; 23(6): 451-467

深瀬 広幸, 石川 研介, 辻 文人, 吉岡 隆之
小腸コレステロールトランスポーター阻害剤 Ezetimibeの第I相反復投与試験.
臨床医薬, 2007; 23(6): 407-415

深瀬 広幸, 石川 研介, 辻 文人, 吉岡 隆之
小腸コレステロールトランスポーター阻害剤 Ezetimibeの第I相単回投与試験.
臨床医薬, 2007; 23(6): 397-406

【糖尿病治療薬】
N. Kasahara, H. Fukase, Y. Ohba, T. Saito1, K. Miyata, S. Iida, Y. Takano, S. Ikeda, M. Harigai, K. Terao
A Pharmacokinetic/Pharmacodynamic Drug–Drug Interaction Study of Tofogliflozin (a New SGLT2 Inhibitor) and Selected Anti-Type 2 Diabetes Mellitus Drugs.
Drug Res (Stuttg). 2015 Jul 9. [Epub ahead of print]

Shunji Haruta, Takashi Hanafusa, Hiroyuki Fukase, Hiroaki Miyajima, Toshikazu Oki
An Effective Absorption Behavior of Insulin for Diabetic Treatment Following Intranasal Delivery Using Porous Spherical Calcium Carbonate in Monkeys and Healthy Human Volunteers.
Diabetes Technology & Therapeutics, 2003; 5(1): 1-9

【抗菌薬】
J. Shimada, Y. Saisho, T. Katsube, S. White, H. Fukase
S-649266, a Novel Cephalosporin for Gram Negative Bacterial Infection: Pharmacokinetics (PK), Safety and Tolerability in Healthy Subjects
Session: 169-Beta-Lactam-Siderophore Conjugates: Trojan Horse Antibiotics Sep 08, 2014, 54th Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Washington, DC 【学会発表】

深瀬 広幸, 才木 良則, 吉川 純子, 笠間 俊男
健康成人を対象としたバンコマイシン眼軟膏の第I相臨床試験 -単回投与試験, 反復投与試験-.
臨床医薬, 2011; 27(3): 227-235

柴 孝也, 南谷 進市, 門間 智之, 深瀬 広幸
健康成人男性を対象とした levofloxacin 注射剤による注射部位反応軽減策の検討.
日本化学療法学会雜誌, 2011; 59(S-1): 10-17

柴 孝也, 深瀬 広幸, 杉山 篤
健康成人男性を対象としたlevofloxacin注射剤の第I相臨床試験.
日本化学療法学会雑誌, 2011; 59(S-1): 1-9

柴 孝也, 深瀬 広幸, 杉山 篤
健康成人男性および高齢男性を対象としたlevofloxacin 250~1,000mgの第Ⅰ相臨床試験.
日本化学療法学会雑誌, 2009; 57(S-2): 1-11

深瀬 広幸, 倉田 靖, 伊藤 雅之, 相澤 一雅, 柴 孝也
健康成人男子におけるメイアクトMS®錠100㎎とメイアクト®錠100の生物学的同等性の検討.
診療と新薬, 2006; 43(6): 620-625

【抗ウイルス薬】
深瀬 広幸, 宮園 裕一郎, 永田 良一
抗ウイルス薬・SCH 18908 (リバビリン) の第I相臨床試験.
臨床医薬, 2002; 18(4): 521-538

【制吐薬】
Junichi Azuma, Hiroyuki Fukase
Pharmacokinetics of a single 150-mg intravenous infusion of fosaprepitant: Effects of concentration and infusion time in healthy Japanese men.
Clinical Pharmacology in Drug Development, 2013; 2(4): 394-399.

永田 良一, 深瀬 広幸
塩酸オンダンセトロン注射液の単回静脈内投与および点滴投与時における薬物動態の検討.
臨床医薬, 2001; 17(8): 1151-1161

【造影剤】
深瀬 広幸, 川原 和也
IOPAQUEの生物学的同等性と造影効果に関する検討.
臨牀と研究, 2002; 79(1): 176-185

永田 良一, 深瀬 広幸, 田中 一郎, 久保 哲仁, 簗瀬 一郎
Oypalominの生物学的同等性と造影効果に関する検討.
臨床と研究, 1997; 74(2): 495-505

【アレルギー性疾患治療薬】
Hiroko Ino, Katsutoshi Hara, Gosuke Honma, Yohei Doi, Hiroyuki Fukase
Comparison of levocetirizine pharmacokinetics after single doses of levocetirizine oral solution and cetirizine dry syrup in healthy Japanese male subjects.
Journal of Drug Assessment, 2014; 3(0): 38–42

【その他の薬効分類】
Yoshinari Yokoyama, Jasper Dingemanse, Motonori Hatta, Hiroyuki Fukase
Tolerability, Safety, Pharmacokinetics, and Pharmacodynamics of Macitentan, a New Endothelin Receptor Antagonist, in Healthy Japanese Male Subjects.
臨床薬理, 2016; 47(4): 143-150

深瀬 広幸
NA872DとNA872液の生物学的同等性試験
新薬と臨牀, 2004; 53(4): 388-415

【治験・臨床開発】
櫻井 史穂子, 松本 直樹, 長谷川 節雄, 河野 純, 入江 伸, 竹元 直行, 中村 紘一, 越村 典子, 深瀬 広幸, 田中 克孝, 保田 国伸, 武元 則人, 田中 孝典, 千代田 健志, 小林 真一
第I相試験の健康成人ボランティアを対象とした治験に対する意識調査
臨床薬理, 2005; 36(6): 315-322

R. Nagata, H. Fukase, J.-D. Rafizadeh-Kabe
East-West development: understanding the usability and acceptance of foreign data in Japan.
International Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics, 2000; 38(2): 87-92

電話でのお問い合わせ TEL 099-259-5243 月-金 9:00~17:00

PAGETOP

Copyright © 一般財団法人 メディポリス医学研究財団 シーピーシー治験病院 All Rights Reserved.