私たちは「質」、「スピード」、そして何よりも「信頼」を大切にし、新薬開発のお手伝いをしています。

シーピーシーの特色

  • HOME »
  • シーピーシーの特色

シーピーシー治験病院は中枢神経系用薬の臨床試験に豊富な経験を有しています。

シーピーシー治験病院では抗精神病薬、抗うつ薬、抗パーキンソン病薬、アルツハイマー病治療薬などの中枢神経系用薬の臨床試験をこれまでに60試験以上実施してまいりました。
デジタル脳波計(EEG-1200:日本光電工業株式会社)を2台保有し、提携医療機関の専門医による迅速な判読も実施可能です。
また、当院の常勤医師は全員コロンビア自殺評価スケール(C-SSRS)実施のためのトレーニングを受け、Research Foundation for Mental Hygieneより認証を得ています。

食事管理について

当院では、院内に厨房および食堂を有し、経験豊かな調理師と栄養士が治験実施計画書や治験薬の特性に応じた食事を提供しております。入院期間中の食事は被験者の方の最大の楽しみであり、特に長期間の入院では脱落を予防するためにも、被験者の方に快適に過ごして頂くことはとても重要です。

食事管理の重要性

初期臨床試験や臨床薬理試験では、より正確に治験薬の安全性や有効性を評価したり、薬物動態や薬物相互作用などを評価するために食事内容を制限したり、特別な食事を提供する必要がございます。また、入院が長期に渡る場合、適切な食事管理を行わなければ肝機能などの臨床検査値に異常をきたす事があります。

不要なバイアスを排除し、治験を成功裏に収めるためにも食事の管理は非常に重要な役割を担っております。

また当院では、被験者の方が有害事象などによって体調を崩された際には、体調に合わせたレスキューメニュを提供できる体制を整えております。
海外で先行する臨床試験がある場合には、その試験と同等のメニューを準備することも可能です。

これまで提供経験のある特別な食事(例)

    食事例

  • 高脂肪食
  • 低脂肪食
  • メランダー食
  • 特定の栄養素を制限した食事

TV会議システムの導入

TV会議システム
TV会議システムを使用した打合せの実施およびIRBへの参加が可能です。また、東京事務所を利用したSOPの閲覧、SDV実施などが可能です。

電話でのお問い合わせ TEL 099-259-5243 月-金 9:00~17:00

PAGETOP

Copyright © 一般財団法人 メディポリス医学研究財団 シーピーシー治験病院 All Rights Reserved.